コラム

  • フッ素のおはなし①

    フッ素のおはなし①のイメージ

    フッ素(フッ化物)は歯にとって強い味方です。原料は自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品にふくまれていて、歯や骨をつくるために大切な役割を果たしています。 生えたての歯の資質は弱く、むし歯菌の酸に溶かされやすいですが、またフッ素を吸収しやすく強くなりやすい時期でもあります。なので、生えたての…

    >もっと見る

  • 『お口ポカン!』ではありませんか?

    『お口ポカン!』ではありませんか?のイメージ

    当院の矯正患者さまの9割の方に見受けられるのが、お口が開いたままのお顔です。 さて、お口が開いたままでは何が悪いのでしょうか? 口があいたままだと、数多くの弊害があります ①口呼吸になる②かみ合わせが不正になる③発音に影響する(特にカ行、サ行が困難)④鼻から下の顔貌が長くなる⑤前歯が出っ歯になる⑥唇がへの字になる⑦風…

    >もっと見る

  • 指しゃぶりはいつまでなら?

    指しゃぶりはいつまでなら?のイメージ

    習癖(しゅうへき)には、指しゃぶり、爪かみ、ハンカチ(タオル)しゃぶりなど赤ちゃんの頃から口に入れる習慣は唇や歯並び、発音に影響します。 この画像は長い間指しゃぶりをしてた子どもです。歯並びへの影響は、上の前歯が出っ歯になったり、上下の前歯がかみ合わなかったり、奥歯のかみ合わせが逆になったりします。 では、い…

    >もっと見る

  • 子どもが歯みがきを嫌がります・・・

    子どもが歯みがきを嫌がります・・・のイメージ

    医院では、たびたびこのような質問を受けることがあります。しかし、3歳未満の子どもにとっては歯みがきの大切さを理解するのは難しいことです。なので、先ず嫌がる原因を探ってみましょう。 イヤがる原因ってなんだろう・・・ ①子どもが眠い時や遊びに夢中な時に歯みがきをしていませんか?②歯みがきの時に無理やり体を拘束したり…

    >もっと見る