コラム

  • 矯正Before~After(床矯正)・八重歯+すき間

    矯正Before~After(床矯正)・八重歯+すき間のイメージ

    『八重歯が・・・真ん中の隙間が・・・気になります』と、来られた時はすでに10歳を迎えていた患者様です。患者様にとっては、八重歯1本だけのことだし、真ん中の隙間もあるから、ちょっとのことで済むと思われていたでしょう。 このような歯並びになった原因は、やはり舌癖(舌の悪習癖)と永久歯が並ぶスペース不足でした。すでに…

    >もっと見る

  • 矯正Before~After(床矯正)・すき間

    矯正Before~After(床矯正)・すき間のイメージ

    7歳で初めて来院された時には、すでに上の前歯2本と下の前歯4本が永久歯に生え変わっていました。 当院での床矯正治療において、叢生の場合は上下の犬歯(真ん中から3番目・C)が生え変わるまでに永久歯の並ぶ側方と前方へのスペースが確保できればよいと考えています。 この場合はどうでしょうか?一見、きれいに並んでいるよう…

    >もっと見る

  • 矯正Before~After(床矯正)・すき間+下顎の凸凹

    矯正Before~After(床矯正)・すき間+下顎の凸凹のイメージ

    当院にこられると、『舌の悪い癖は治しましょう』『お口ポカンは直しましょう』という声をたびたび耳にすることがあるでしょう。 この場合も、舌の悪い癖で歯並びが悪くなったために矯正を希望されたケースです。まず、上の真ん中の歯と歯の間に隙間がありますが前歯の幅サイズは女子の平均8.2mmよりも大きいこと。次に、右上2番(…

    >もっと見る

  • 問題ある歯並び(不正咬合・ふせいこうごう)

    問題ある歯並び(不正咬合・ふせいこうごう)のイメージ

    問題のある歯並び(不正咬合)を放っておくとどうなる? きれいに歯磨きができないから虫歯になりやすい歯がうまく嚙み合わないと、食べることができない発音がきちんとできない(サ行・タ行)口内炎ができやすい顎の形がゆがんだりすることもある顔ぼうが変化して歪むこともある体のバランスがとりにくい脳への刺激が少ないので、集…

    >もっと見る