ホーム>いいかおつくろうコラム>歯列矯正>気になる「歯並び」床矯正で治療できます
歯列矯正

気になる「歯並び」床矯正で治療できます

叢生(そうせい)

一般的に「乱ぐい歯」「八重歯」と呼ばれている症状です。原因はアゴの骨の発育不足です。アゴが萎縮し、スペースが不足。歯がキレイに並びきれず、重なって生えている、いわゆるデコボコの状態のことを言います。
 
 

反対咬合(はんたいこうごう)

「受け口」と呼ばれている症状です。通常は、上の歯が下の歯に覆い被さっていますが、この状態が逆になり、上下の歯が3本以上反対になっている噛み合わせのことです。
 
 

交叉咬合(こうさこうごう)

反対咬合同様、通常は、上の歯が下の歯に覆い被さっていますが、この状態が逆になり、上下の前歯、もしくは奥歯の1~2本が交差している噛み合わせのことです。
 
 

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の前歯が下の前歯の1/3~1/4を覆っているのが正常なI歯み合わせです。これよりも噛み合わせが著しく深い状態、これを過蓋咬合と言います。歯を支えている骨の発育不足、または下アゴの関節の後退、どちらかが原因であると考えます。
 

前突(ぜんとつ)

一般的には「出っ歯」と呼ばれています。上下のアゴの位置は正しく上の前歯だけが出た出っ歯と、下アゴが後退したことで前歯が出ているように見える出っ歯、2種類の出っ歯がありますが、前者は指しゃぶりで上アゴの前歯を押し出すなどの悪習慣、後者は発育不足が原因と考えます。
 
 

正中離開(せいちゅうりかい)

「空っ歯」と呼ばれています。上の前歯2本の間に隙間がある状態。ご注意いただきたいのは、その前歯が乳歯であるか永久歯であるか。乳歯の場合は、隙間があっても大丈夫です。乳歯よりも大きい永久歯に生え変わるので、その隙間は埋まります。むしろ隙間が必要なのです。永久歯の場合は適切な処置が必要です。
 
 

開咬(かいこう)

上下の奥歯は噛み合っているのに、前歯が噛み合わない状態を開咬と言います。指しゃぶりや舌を前に出す癖、舌を噛む癖などが原因と考えます。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.e-ha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/33