ホーム>いいかおつくろうコラム>歯列矯正>歯を抜かない?「床矯正」の歯の矯正とは
歯列矯正

歯を抜かない?「床矯正」の歯の矯正とは

歯を抜かず、アゴを拡げて歯を並べるのが床矯正

メカニカルな治療とバイオセラピー2つを並行して行うのが床矯正治療

萎縮したアゴには、2つの治療が必要です。ひとつは床矯正装置を使用したメカニカルな治療、そしてもうひとつはバイオセラピー(生物学的機能療法)と言われるものです。この2つの治療を並行して行うことを私たちは「床矯正治療」と呼んでいます。
もう少し詳しくお話します。メカニカルな治療は、床矯正装置を使って“積極的にアゴを拡大"し、歯並びを正すこと。一方、バイオセラピーは、咀嚼訓練によって“自分の力”でアゴの正しい機能を回復させることです。歯の周りの骨と筋肉のバランスが保たれている状態でなければアゴは正しく機能しません。大切なのは、「食事環境を改善すること」と「悪い生活習慣を直すこと」。正しい機能が回復すれば、アゴは正しい大きさに成長し、歯も自然と正しい位置に並びます。「積極的にアゴを拡大し、自分の力で機能を回復させる」。それが「床矯正治療」。装置でアゴを拡げることだけが治療の目的だとお考えの方も多いですが、それは間違っているのです。

歯列不正の多くはアゴの萎縮が原因アゴの萎縮は口腔機能不全が原因

では、なぜ2つの治療を並行して行わなければいけないのでしょうか。歯が重なって生えている叢生などの歯列不正は、歯が正しく並ばないほどアゴが萎縮しているのです。萎縮してしまった原因は、口腔機能不全(口の中の機能が正しくない状態)なので、口腔機能を正しくする治療も必要です。装置でアゴを拡げ、歯がキレイに並んだとしても、正しい機能がなければ、歯は元の歯並びに後戻りします。それを引き起こさないためにバイオセラピー(歯列不正を引き起こした原因の治療や正しい機能を回復させる治療)が必要です。見た目だけではなく、機能も安定して、はじめて床矯正治療完了と言えるのです。
 
床矯正治療の主役は患者さんです。それは、装置を装着するのも患者さん、装置を定期的に拡大するのも患者さん、そして、バイオセラピーに取り組んでいただくのも患者さんだからです。家族や私たち歯科医院はあくまでサポーター。経過を観察し、方針を立て、はげますことしかできません。患者さんの取り組み方次第で、治療の成果は大きく変わってくるのです。
 
201662822338.jpg

歯を抜かなくていいそれが床矯正の最大のメリットです

床矯正治療のメリット は、なんといっても歯を抜かないことでしょう。人体の中に無駄な器官は存在せず、それぞれの器官がバランスをとりあって生命を維持しています。歯もその器官のひとつ。抜いてしまうことで生命バランスが崩れることは明らかです。また、装置は取り外しが可能であるため、装置の洗浄や歯磨きが簡単にできます。衛生的で虫歯にもなりにくいというのも床矯正のメリットです。
装置を着けても痛みがない。お子さんにとっては大事なことです。なかなか慣れないという子も中にはいますが、痛くて着けられないという子はほとんどいません。また、抜歯矯正と比較し費用が安価です。これは、先ほどお話したように、患者さん自身が主役の治療法だからです。

患者さんの取り組み方次第で治療期間が変わっていく、それがデメリット

デメリットもあります。装置の取り外しが可能であるため、破損したり、紛失する可能性があるということ。アゴを拡げますので、永久歯がすべて並んでしまっている方の治療は、時間がかかってしまうということ。そしてやはり、患者さんのやる気、取り組み方次第で、治療期間が変わってしまうこと。途中で治療を断念というケースも柳原歯科医院で実際にあります。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.e-ha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/31