ホーム>いいかおつくろうコラム>乳児の歯>フッ素のおはなし①
乳児の歯

1~2歳

フッ素のおはなし①

2016102085144.jpg

フッ素(フッ化物)は歯にとって強い味方です。原料は自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品にふくまれていて、歯や骨をつくるために大切な役割を果たしています。

生えたての歯の資質は弱く、むし歯菌の酸に溶かされやすいですが、またフッ素を吸収しやすく強くなりやすい時期でもあります。なので、生えたての歯にフッ素は特に効果的なのです。

予防先進国の北欧(フィンランドやスウェーデンなど)では、「フッ素なしではむし歯予防はできない」と考えられています。

当院では定期的な来院によるフッ素塗布をお勧めしています。

参考文献:歯から始める健康の育て方

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.e-ha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/42