ホーム>いいかおつくろうコラム>注目のコラム>矯正Before~After(床矯正)・すき間+下顎の凸凹
注目のコラム

矯正Before~After(床矯正)・すき間+下顎の凸凹

当院にこられると、『舌の悪い癖は治しましょう』『お口ポカンは直しましょう』という声をたびたび耳にすることがあるでしょう。

この場合も、舌の悪い癖で歯並びが悪くなったために矯正を希望されたケースです。
まず、上の真ん中の歯と歯の間に隙間がありますが前歯の幅サイズは女子の平均8.2mmよりも大きいこと。次に、右上2番(水色マーキング)が生えてくる場所がどこにもありません。
それに、右下2番(水色矢印)の永久歯は前に生えるスペースがなく中に入り込んでいます。

上下の床矯正(取り外しの可撤式矯正装置)治療でキレイになりました。

が・・・あくまでも、舌の癖を治さないことには、また後戻りします。今でも、舌癖トレーニングはかかさず頑張っています。

2017211145013.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.e-ha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/51