ホーム>いいかおつくろうコラム>マタニティ期の歯

マタニティ期の歯

マイナス1歳~0歳

赤ちゃんの虫歯はいつから?歯みがきはどうしたらいいの?

むし歯はどうしてなるの? 

歯の表面にはむし歯菌(ミュータンス菌)がいます。そのむし歯菌が作り出す酸が体の組織で最も固いエナメル質を溶かして穴をあけます。 ただ、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌は全く存在しません。風邪などと同じでむし歯菌を持った人から移る感染症です。

2016628214331.jpg

毎日、歯みがきしているのに・・・また、むし歯ができた? 

一言で「歯みがきしてるよ」といっても、1日に何回?何分くらい?どのタイミング?みがき方は?歯並びは正常なのかな?これらのことは基本であって、大切なのはみがき辛くむし歯になりやすいところを意識した「セルフケア」と歯科医院で行う「PMTC(プロによるクリーニング)」の両立です。 
そして、甘くておいしい食べ物のコントロールが大切なのです。

子供が生まれると、何歳から予防をしたらいいですか?

赤ちゃんがお腹の中にいる「マイナス1歳」のときから、お母さんの自宅ケアと歯科医院でのプロケアをしてほしいと思います。

赤ちゃんが生まれたら、歯みがきはいつから?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌はいません。キスや口移し、大人の使ったお箸やスプーンで食べさせたりすることで、赤ちゃんにむし歯菌を移してしまうことが多いです。まずは、大人のむし歯菌を減らしておきましょう。 
乳児期のまだ歯が生える前では、舌に白っぽいミルクカスがたまりますので、ガーゼをぬるま湯で湿らせてふき取ってあげましょう。 
生後7~8か月くらいから前歯が生えてきます。歯の汚れは乳児期のときと同じようにガーゼでぬぐいましょう。 
1歳のお誕生日ころから赤ちゃん向けの小さな歯ブラシを持たせてみましょう。少しずつ、歯みがきに慣れるように磨いてあげましょう。

むし歯を予防するにはどうしたらいいの? 

むし歯菌感染は、基本的には家族内感染です。離乳食をスタートしたころから、お箸やスプーンの共有がはじまることが多く、1歳3か月頃にはすでに感染経路を断つのが難しくなるといわれています。
なので、子供に移る前に、お母さんのお口の中にいるむし歯菌を「感染しても、むし歯菌がお口に住みにくい菌」に変えましょう。キシリトールにはむし歯菌の質を変えてしまう働きがあります。ミュータンス菌にも悪玉と善玉があります。キシリトールを少なくとも3か月以上食べると、善玉ミュータンス菌がたくさん増えお口の中の環境は良くなります。