ホーム>いいかおつくろうコラム>いい顔をつくる

いい顔をつくる

歯並び歯豆知識

20187419049.jpeg

歯並び歯豆知識

201874185649.jpeg

矯正Before~After(マウスピース版)・受け口(反対咬合)

201868111924.jpg

20186811263.jpg

来院時 2017/04 (5才)

来院理由: 下の歯が上の歯よりも前に出てますが、治りますか?

問題点は受け口(反対咬合)だけではなく、上下のアゴの位置も左にズレています。
現在は乳歯列であるにも関わらず、全く歯と歯の間にスペースがありません。
このままでは、生え変わりが始まり永久歯がキレイに並ぶことができません。

マウスピースタイプの装置を毎晩寝るときにだけ装着することにしました。

5か月経過 下↓

201868112847.jpg

201868112931.jpg

受け口完了時 2017/09 (6才)

先ずは、受け口が正常なかみ合わせに治りました。
これからは、しっかり前歯も使って食事するように指導しました。あまり、食材を細かく切らないようにお願いしました。

現在も観察中です。

しかし、油断は禁物です。
これからは、生え変わりがスタートするので、永久歯が並ぶスペースを確保しながら経過観察は必要ですね。

 

歯並び歯豆知識

201866173238.jpeg

歯並び歯豆知識

201865115941.jpeg

歯のメンテナンスの重要性を理解して頂く口腔内写真

歯科向け情報誌に掲載されました。
導入しておりますカメラに関する取材を兼ね、
当院の治療方針にも触れていただきました。



20182119851.JPG

20182119811.JPG

20182119743.JPG

コンセプトは削らない・抜かない・痛くない

当院のコンセプトは削らない、抜かない、痛くない歯科医院です。
生涯にわたって自分の歯で食べて、話して、笑って暮らせること、それが健康で幸せな人生の基礎になると思います。
コンセプトや、院長の治療への向き合い方について掲載いただきました。


201821183948.JPG
201821183925.JPG
201821183734.JPG

20182118372.JPG

矯正Before~After(床矯正)・ゆがんだ前歯

201782819350.jpg

来院時 小3 (2011.11)

来院理由:他院で歯並びのことを相談したが、高額だったためセカンドオピニオンとして来院されました。前歯が90度ねじれているので、きれいに治したいとのこと。

201782819824.jpg

2012.06(小4)

床矯正の装置によって、歯と歯の間のスペースを拡大しつつ歯にとりつけた金属ボタンでねじれた歯を正しく向きをかえてゆきました。

2017828191054.jpg

2013.02(小5)

床矯正装置で歯と歯のスペースができたので、形状記憶ワイヤーで綺麗に整えます

201782819132.jpg

2015.02(小6)

小学校卒業間際にキレイな歯並びになりました

 

 

 

矯正Before~After(床矯正)・前歯のすき間➕出っ歯

2017822132732.jpg

来院時 2010.03(小4)

来院理由:上の前歯が出ている感じがします。口も閉じることができません。とのことでした。上の画像からは出っ歯なところは見えにくいですね。では、下の画像はどうでしょう・・・

2017822133136.jpg

そもそも、上ばかりが目につきますが、原因は下顎が後退していることです。それに、下の前歯の中心がずれていましたので、矯正は下から始めました。上は2ヶ月遅れでスタートしました。

2017822133854.jpg

矯正終了時 2017.07(高2)

歯列が治ってもいつまでも問題があるのは、舌の悪習癖でした。それを正さないと、前歯のすき間や以前のように歯が出てくる可能性もあります。

矯正は終了しましたが、舌癖については気をつけてもらいたいと思います。

矯正Before~After(床矯正)・前歯のすき間

201782013153.jpg

来院時 2009.04(小3)

来院理由:お友達からのご紹介から。前歯にすき間があり、乳歯が抜けたところ(水色↓)に永久歯が生えますか?

前歯のすき間も気になるところでしょうが、上顎C(水色↓)が抜けた場所に永久歯が生えるスペースが全くありません。それに、前歯の幅が女子の平均サイズ(8.2mm)よりも大きく前歯2本各9.0mmもあります。このままでは、歯が生えるスペースがないと八重歯になってしまうでしょう。

20178201329.jpg

問題点完了時 2016.01(高1)

通院開始時から矯正治療と同時に舌の悪習癖を治すように伝えてきました。舌を上顎裏にくっつけておくことのトレーニングをおろそかにすると、上下前歯の噛み合わせにすき間が出てきます。現在も歯のすき間から舌がチラチラ見えます。

歯列の問題点は治っても、舌の悪習癖で前歯の歯列不正が新たに発症する可能性がありますので気をつけてほしいと思います。